SONOKOホワイトニングジェル

肌ケア・コラム記事一覧

お肌の若さをキープするターンオーバー、即ち肌を入れ替えることが可能な時間帯は案外限られていて、それは深夜眠っている間だけだと言われています。「デトックス」術には危険性や問題点は本当にないのだろうか。そもそも体に蓄積してしまう毒物とは一体どんなもので、その「毒素」とやらは果たして「デトックス」によって排出できるのだろうか?ドライスキンというのは、皮ふの角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の量が通常の値よりも...

アイラインやアイカラーなどのアイメイクを落とすときに化粧をきちんと落とすためにゴシゴシとクレンジングしてしまうと肌が荒れたり酷い場合は炎症を起こして色素沈着が起こってしまい、目の下の茶色いくまの元凶となります。内臓矯正というのは近辺の筋肉や骨格が誘因で位置がずれた内臓を元々在るべき所に戻して内臓の動きを元通りにするという技法です。運動や入浴でたくさん汗をかいて身体の中の水分量が減ると自然におしっこ...

スキンケアを行うことによって、肌の多様なデメリットも防止できますし、メイキャップもたやすくできる潤い豊富なお肌をものにすることが適うというわけです。連続的にジョギングなどをして血流を良化すれば、代謝も促進されて、より透きとおるような美白を入手することができるかもしれないのです。スキンケアにつきましては、水分補給が不可欠だと感じています。ボディソープの選別の仕方を誤ってしまうと、本来肌にどうしても必...

クマを消したいという気持ちからやみくもにマッサージしてしまう人がいらっしゃいますが、特に目の下の表皮は弱いので、強く指を動かすだけの粗っぽいマッサージは悪影響をもたらしかねません。化粧の短所:泣いてしまうとまるで修羅のような顔になってしまう。ちょっとミスしただけで下品になったり台無しになる。ごまかすのにも骨が折れること。ここ数年で一気に浸透したデトックスとは、体の内部に蓄積されている不要な毒を体外...

シワのない肌に欠かせないコラーゲンは、快晴の日の紫外線をもろに浴びてしまったり様々な刺激を何度も受けたり、仕事など心身両面のストレスが積み重なったりすることで、組織を壊され、更には生成することが困難になっていくのです。美容の雑誌や書籍には、小顔になって肌が美しくなり、痩身、デトックス作用が期待できる、免疫力アップなど、リンパ液を流せばあれもこれも思い通りになる!という風なフレーズが踊っている。動か...

スキンケアコスメによるエイジング対策「老け顔」大脱出!あなたの肌の性質をちゃんと把握して、自分にピッタリの基礎化粧品を選択し、正確に手入して「老け顔」に別れを告げましょう。何れにせよ乾燥肌が日々の生活や周囲の環境に大きく起因しているのなら、普段の身のまわりの癖に注意するだけでほとんどの肌の悩みは解決するのです、特に就寝前の歯のブラッシングは大切。“蓄積くすみ”を取るため、就寝前はちゃんと歯を磨きま...

スキンケア化粧品による老化ケアをして「老け顔」から脱出キャンペーン!お肌の質をちゃんと知って、自分にピッタリの基礎化粧品を選び、ちゃんと手入することで今すぐ「老け顔」に別れを告げましょう。皮ふの乾燥の原因であるセラミドと皮脂の下落は、アトピーのように先天的な要素によるものと、老化や洗浄料などによる後天性の要素に縁るものが存在しています。コラーゲンというものは、特に春から夏にかけての強い紫外線に直接...

お肌の若さを作り出す新陳代謝、要は皮膚を生まれ変わらせることが可能な時というのは一部に決まっていて、それは深夜眠っている間しかないということです。日本皮膚科学会の判別の目安は、@強い掻痒感、A特徴的な発疹とその場所、B慢性で反復性もある経過、3項目すべて当てはまる病気をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と診断する。ドライ肌というのは、皮膚の角質層の細胞間脂質と皮脂分泌...

フェイスラインのたるみは不必要な老廃物や余った脂肪が集まることにより徐々に促進されます。リンパ液の流動が滞ってくると老廃物が溜まってむくみが出たり、脂肪が溜まりやすくなり、たるみの素になります。アトピーを服薬だけで完治させようというのには無謀な事だと言わざるを得ません。生活環境や楽しいことなど暮らし全体の思考まで視野を拡大した処置が必要だといえます。化粧の短所:涙が出る時にあたかも阿修羅のような恐...

乾燥肌というのは、皮ふの角質層の細胞間脂質と皮脂の量が通常よりも低落することで、お肌(皮膚)から水分が失われ、お肌がパリパリに乾く症状を言い表しています。もう一つ、お肌のたるみに深く関わるのが表情筋。これはいろんな表情を作っている顔の筋肉のことを指します。肌の真皮に存在するコラーゲンと同じく、表情筋の働きも老化とともに鈍くなるのです。歯を美しく維持するには、歯の表面だけでなく隙間も念入りにみがくこ...

トップへ戻る